読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある元SEの思考を探る

ひょんなことからとあるICT企業ではたらくことになったなんちゃって元SEがしたためるブログ。主に、政治・経済・社会問題・日常の出来事について発信していきます。お読みいただけたら、感動にむせび泣くほど嬉しいです。よろしくお願いします。

スポンサードリンク

15年間Windowsを愛用してきた私がMacを購入した5つの理由

オピニオン

Macを購入しました。13.3インチのMacbook Proです。

今までMacを使う人なんて、クリエイティブぶってるとか、ちょっとお高く留まってるとか、スタバでMacを使っている自分イケてるでしょ?とか思っているんじゃないかと勝手に思い込んでおり、Macを使う人たち=敵だと思っていました。

私は無骨ながらもWindowsで、しかもLet's noteが大好き!マグネシウム万歳!という人間でした。

しかし、Windowsに限界を感じ始めてきました。

そこで今回は、Windowsがキツイ理由を挙げてみたいと思います。

 

1.コマンドラインがキツイ

Windowsコマンドプロンプトって使ったことありますでしょうか?もちろんWindowsユーザーなら一度はありますよね。アクセサリの中にあるコマンドプロンプト。最近のWindowsなら、キーボードのWindowsマークを押してcmdと入力してEnterを押せば起動できます。

コマンドプロンプト上で使うコマンド、これがキツイ!

普通の人なら、簡単なLinuxコマンドはご存じのはず。lsっておすとそのディレクトリ配下のファイルやディレクトリがずらーって出てくるコマンド。ところがコマンドプロンプトにはこれじゃなくてdirコマンドを使う。なんでlsやないねん!と。みんな大好きLinuxコマンドに準拠してないんかい!と。わざわざ新しくWindowsコマンドプロンプト用のコマンドを覚えないといけないなんて!

もちろん、Windows上でLinuxコマンド使えるようにするソフトあるのは知ってます。ただ、なんでわざわざそんなことしないといけないんやと。

 

2.開発環境構築がツライ!

例えば、みなさんローカルでWebサービスを開発するとき、apacheを使うことが良くあると思います。PHPやるときとかXAMPPとか使いますよね。Macならapacheがプリインストールされてますし、homebrewとかを使えばmysqlとかもすぐ入れることができます。いちいちブラウザ立ち上げて、サイトに行って、インストーラーダウンロードしてといった作業をしなくて済みます。すごく楽なんですよね。。

少なくともRuby on Railsをやろうとしている人にとってWindowsは使いづらいことこの上ありません。(Macならrubyもプリインストールされています。)

 

3.半角<=>全角変換がキツイ

 Windowsって半角と全角を変化するとき左上にある半角全角キーを押して切り替えます。このとき困るのが、今自分が半角なのか全角なのかわからなくなることがあるということ。プログラミングをしていると、ブラウザとターミナルの画面を両方開きながら作業をすることが多いです。おそらく、Word使っているだかならあまり問題にならないのですが、自分が今どっちにいるのかわからくなる難民になりがちです。

そんなときもMacならとりあえず「英数」を押しておく。といった行為が考えることなしにできます。これは楽です。今自分が半角の世界にいるのか全角の世界にいるのか気にしなくてもいい。とりあえず押しておく!楽です!

 

4.最近Windows10へのアップデートアピールがうざい

f:id:smartenergy:20151226203505p:plain

今使っているのは、Windows7です。ただ、最近Windows10へアップデートした方がいいよ!みんな使ってるよ!今までと操作感変わらないよ!良いよ!みたいなのが頻繁にでます。

私はWndows 95から使ったことがありますが、今まで無料で98にアップデートできたなんてことはありませんでした。Windows10を普及させたい理由は何なのか。疑り深い私はいろいろと勘ぐってしまいます。タダより高いものはない!

そして、Windows10にアップデートしない意思を示せば二度と出てこないようにしてほしい!勝手に何Gもダウンロードしてるとか常識的な大人がすることではありません!常時接続時代と言えども毎月の通信料に限度があるユーザーもいるでしょうに!

 

5.なんかもっさりしてる

Windowsがキツイと思える大きな理由の一つだと思います。色々起動するのにすごく時間がかかる。例えばWindows立ち上げるときもすごく遅く感じます。Macはサッっと立ち上がってくれます。画面が表示されたら割とすぐに使い始めれます。Windowsは画面が立ち上がってからもしばらく操作ができません(昔でいう砂時計状態が長い)。その他アプリケーションを立ち上げるのにもいちいち時間がかかる印象です。スピードが命の現代ではキツイです。

しばらくVM上でLinux動かしていましたが、このもっさり感はWindowsと変わりません(当たり前ですが)。

注:単に私の使っているLet's noteが古くかつHDDだからだという説も!SSDは早いね!

 

ただ、普通にMicrosoft Officeとか使っている分にはWindowsで問題ないと思っています。最近は数万でノートパソコン買えますし、事務作業をする程度ならそれで困らないでしょう。要はパソコンの用途だと思います。

 

Macを買ったと言っても今持っているLet's noteを捨てるわけではないので(MacはOffice入れないのでOffice使いたいときはWindows使うし)、状況に応じて使い分けていきたいと思います!