読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある元SEの思考を探る

ひょんなことからとあるICT企業ではたらくことになったなんちゃって元SEがしたためるブログ。主に、政治・経済・社会問題・日常の出来事について発信していきます。お読みいただけたら、感動にむせび泣くほど嬉しいです。よろしくお願いします。

スポンサードリンク

子ども連れを見るのがつらい

日常

つらいんです。

私は仕事の都合で小汚い三軒茶屋に住んでいますが、街を歩いていると、新しい一軒家も多く見つけます。世田谷という一等地に一軒家を購入するなんて私から見たら、想像ができないくらい途方もないことです。これが日本の貧富の差かと思うとつらいです。

 

つらいんです。

世の中にはとてつもないことを苦も無く出来る人がいます。そういう人たちを天才と呼びます。私は基本的にすべてのことが苦手です。勉強もスポーツも何もかもが苦手です。人に自信を持って言える特技はありません。会社でプログラミングとかバリバリできちゃう人をみるとつらいです。

 

つらいんです。

私は政治家の知り合いがいるのですが、SNSとかで政治家が私よりはるかに良い食生活を送っているのを見かけたときとか、私よりはるかに良い住環境で暮らしているのを見かけたときとか。私たちの税金で生活しているのに私たちよりも良い暮らしをしている。やっかみと言えばそれまでですが、政治家って諸外国では無報酬だったり、低報酬だったりするんですよ。それでも世の中は回るということです。なのに日本の政治家は地方議員から国会議員までみな裕福な暮らしをしている。昼食も1000円のランチとかを食べたりする。私は1日の食費を1000円以内に抑えることを決めているので、昼食は500円が基本です。朝から晩まで働いても生活は楽になりません。それなのに政治家が私たちの税金で裕福な暮らしをしているのを見ると、正直つらいです。

 

つらいんです。

私は子どもを産めない体に育ったので、若い夫婦と幼い子どもが出かけているのをみるとつらいんです。男だから当たり前なんですけど、女性は子どもを産むことができて羨ましいです。なんで自分は子どもを産むことができないのかと思うとつらいです。