読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある元SEの思考を探る

ひょんなことからとあるICT企業ではたらくことになったなんちゃって元SEがしたためるブログ。主に、政治・経済・社会問題・日常の出来事について発信していきます。お読みいただけたら、感動にむせび泣くほど嬉しいです。よろしくお願いします。

スポンサードリンク

電力会社を乗り換えてみた

f:id:smartenergy:20170122161518j:plain

電力会社を東京電力エナジーパートナー(以下東京電力)から「まちエネ」に乗り換えました!

といっても開通は2月からなので、まだ厳密に乗り換えたわけじゃないのですが、昨年4月に電力自由化が行われ、10電力会社以外の事業者からも電気を買うことができるようになりました。

 

電力自由化東日本大震災以降私が主張してきたことの一つですので、早く乗り換えなければ!と思いながら忙しいことを言い訳に放置してきました。

しかし、今年からガス自由化も開始されますので、その前までにはということで、昨年末に申し込みをしたわけです。

 

さて、電力会社を乗り換えるといってもどこの会社に申し込めば良いか皆目見当もつきません。そもそも、東京電力以外にどのような会社があるのかすら知りません。

そこで利用したのが電気料金比較サイト。

有名なところでは3つあります。

エネチェンジ、価格コムタイナビスイッチです。

enechange.jp

いくつか診断して見ました。

料金で比較すると、エルピオが一番安いようでした。 確かに、料金表を見ても基本料金・従量料金ともに私が今契約している東京電力の従量電灯Bよりも安いです。つまり、乗り換えれば確実に今よりも安くなるということがわかりました。これは乗り換えない理由は見当たりません。

 

一方で、エネチェンジのおすすめ順というのを見ると、まちエネのきほんプランが1位にきていました。エネチェンジのおすすめ順には、電気料金だけでなく、「発電手段を公表」しているかどうかや「電気の見える化サービスが充実」しているかどうかなどが考慮に入れて算出しているようです。今回まちエネのきほんプランが上位に出てきたのは、それらに加え、「エネチェンジ限定特典」としてエネチェンジから申し込むとAmazonギフト券1000円分がもらえることで、実質節約額がエルピオよりも大きくなったからのようです。

そのほかにも、ソフトバンクや中央セントラルガス、イーレックスなども比較的上位に出てきたのですが、ソフトバンクは営業が強引というイメージが強いですし、nanacoポイントを貯めている(中央セントラルガス)わけでもないので、選択肢としては、電気料金が圧倒的に安い「エルピオ」か、まちエネの「きほんプラン」の2択になりました。

結論としては、冒頭に述べたようにまちエネの「きほんプラン」に決めたのですが、その理由としては3つ挙げられます。

1つ目は、ローソンのクーポンが毎月届くということ。私はPontaカードを所有しているので、月々の電気代でPontaポイントが貯まるほか、毎月100円から200円程度のクーポンが届くので、普段決まった商品しか購入しない私としては、それが一つの楽しみにもなります。

2つ目は、エネチェンジ特典を考慮した場合の1年目の実質節約額が大きいということ。まちエネの「きほんプラン」は解約時の違約金が発生しないので、いつでも電力会社を乗り換えることができます。したがって、1年経って別のもっと安い電力会社があればそちらに乗り換えることができます。それを考慮すればエネチェンジ特典がもらえるまちエネの方に軍配が上がります。

3つ目はまちエネが「三菱商事株式会社と株式会社ローソンを出資母体とする会社」であるということ。エルピオも1965年創業の歴史あるガス会社なのですが、やはり三菱商事とローソンのタッグにはかないません。三菱商事に勤めている知人もいますし、ローソンは日頃から利用しているコンビニなので、身近であるということは大きな利点です。

 

ということで、エネチェンジからまちエネに申し込み。年末年始も挟んでも、1週間ほどで申し込み用紙が送られてきました。

f:id:smartenergy:20170122162602p:plain

基本的な情報はサイトから入力してあるので、クレジットカード情報(口座引き落としの場合は銀行口座番号)を記入するだけです。クレジットカード引き落としにすることでクレジットカードのポイントもつくのでさらにお得です。

すぐに記入してポストに投函。それから2週間ほどが経ち、スマートメーターに切り替わりました。これで30分に1回電力量が検針されるわけですね。

テクニカルな話をすると、マルチホップの場合、いくつかのスマートメーターを介してコンセントレーターに行きます(ここまでをFAN、フィールドエリアネットワークと言います)。コンセントレーターからは通常のインターネット回線と同等の回線を用いてHES(ヘッドエンドシステム)やMDMS(メーターデータマネージメントシステム)でデータが集積されていくわけですね。そこから各電力会社(今回の場合はまちエネ)に電力量が伝わるようです。

参考:スマートメータープロジェクト

 

開通は来月からなのですが、今から楽しみです!

 

なお、電力会社が変わっても、電力供給の責任は引き続き東京電力パワーグリット(旧東京電力の配電部門)が責任を追うので、停電になることはないそうなので、ご安心ください!

久々にステマっぽい記事書きましたw

遊び方がわからないまま大人になる

オピニオン

この週末は寒さを理由にエネルギー補給以外家から出ず、読書・勉強に勤しんでいました。

ちょうどセンター試験の日でしたので、10年ほど前に想いを馳せながら、ああいつまでたっても学ぶことには変わらないなとしみじみ思っておりました。

奇しくもセンター試験の日は雪が降ることで有名です。私の地元濃尾平野でも寒気が南下してくると若狭湾から流れ込む雪雲が雪を降らせます。地元の人なら伊吹おろしという言葉は古くから聞いてきたはず。雪に慣れていない地域なので、試験会場にたどり着くのも一苦労。今回のセンター試験のことを「まるでハンター試験」と形容した知人の機知はさすがとしか言いようがありません。

 

さて、この歳になってくると、休日に何しようかという問題が持ち上がってきます。というのも、学生時代ならサークル活動などに費やすことができましたが、社会人になってくるとそれもありません。遊びらしい遊びをしてこなかった私は読書をするか勉強をするかぐらいしかやることがないわけです。

少しでもやりたいと思うことは、何かしら糧になること。例えば旅行に行くとしても、楽しいところよりも、何か学べるところに行くことになります。昨年9月に宮古島に行った際も、応用物理学会の分科会のイベントに参加するだけで、海にはまったく入りませんでした。大学教授や企業の人の研究内容を聞き、発電所の見学に行き、普段仕事とはかけ離れた分野なので、非常に疲れたのを覚えています。

 

純粋に楽しむ遊びって何でしょうか?他の人は何をして遊んでいるのでしょうか?

この歳になると遊び方がわからなくなってきます。

だから技術書やAWSにお金を落とすぐらいしかお金を使いません。某製鉄メーカーに勤めている友人が年収500万弱ありながら貯金ができないと言っていました。一人暮らしで寮ならば、たとえ車を持っていたとしても十分貯金ができると思います。何に使っているのでしょうか。

 

子供ができれば子供へ使うのでしょうが、あいにく独り身なので、そのような予定もありません。

昨年は、空前の「データベーススペシャリスト」ブーム、「君の名は」ブームでした。私はデータベーススペシャリストの資格も持ってますし、「君の名は」とも縁があります。

しかし、この変化の激しい現代社会で命からがら生き延びている身としては遊び方がわからない。たまの休日も読書や勉強といった自己研鑽。

ブログ書いている暇あったら外に出て行けというかもしれないでしょう。出て行きたい!ただ寒い。すぐ本屋に入る。

 

前途有望な子供たちに言いたい。

遊び方がわからないまま大人になってはいけません。

「公平性」を担保できない無償というスキーム

オピニオン 政治・社会

大阪市が『平成 29 年度 大阪市プログラミング教育推進事業』の実施にかかる協力事業者の募集要項を公開してネット上ではちょっとした炎上にあっています。

大阪市:平成29年度小学校段階からのプログラミング教育の推進に当たり協力事業者を募集します。 (…>教育委員会事務局>入札・契約のお知らせ)

たしかに募集要項には、

4 事業実施条件等に関する事項について

(1) 経費の負担
ア 事業実施にかかる人件費、消耗品費、教材費(電子機器貸与料含む)、交通費
等のすべての経費は事業者の負担とする。
イ 事業実施に必要な教育委員会所有の機器・環境は、無償で使用可能とする。
ウ 業務を遂行するために必要な経費について、本市は一切の費用を負担しない。

 とあり、確かに大阪市が一切の費用を負担しない旨が明示されています。

インターネット上では、「この世の地獄か」「どういう生き方をするとこんな思考になるのか見てみたい」といった意見が出ているようです。

 

まさしく、昨年話題となった「逃げ恥」でも取り上げられた「やりがい搾取」と言われる募集だ!ということなのでしょう。

ただ、私はそうした個人のやりがい搾取という観点とは少し異なる見方をしています。というのも、この募集が事業者に対するものだということです。 

大阪市が無償にした理由としてはJCASTニュースによると

「事前に数社にこの条件を提示したところ、『無償はいかがなものか』と言われた。ただ、特定の業者との結びつきをなくし、公平性を担保するためにも『無償』という形をとった」

 とのことだそうです。

つまり、大阪市がこれまでもお付き合いのあるICT企業(NやFやHなどのSIerも含まれると思われる)に事前に相談しているということは、今回の無償の募集に応募することで、今後のお付き合いの仕方に影響を与えますよということを意味しているのではないでしょうか。

要は、今後システム発注などの案件があった場合にこうした取り組みに対して考慮しますよと。例えば、プログラミング教育の導入に伴い、新たなパソコンやロボットなどを導入するときにはその実績を鑑みますと。

しかも、今回は「無償」ということで、金額よりも内容で審査することになります。内容は数値化しにくいところですから、特定の業者との結びつきを生み出しやすい土壌であると言えます。

 

さらに、こうした行政の募集というのは通常は一般の目につきにくいということが行政がこうしたストーリーを描きやすくする一因でもあると思います。

こっそりと募集してこっそりと締め切ってこっそりと選ぶ。そのあとのお金のかかる発注の時にはその実績を加味して業者を選定する。

「無償」というのは「公平性」を担保できるようにみえつつも、その実は特定の業者と結びつくことを容易にしやすくするカラクリなのではないでしょうか。