読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある元SEの思考を探る

ひょんなことからとあるICT企業ではたらくことになったなんちゃって元SEがしたためるブログ。主に、政治・経済・社会問題・日常の出来事について発信していきます。お読みいただけたら、感動にむせび泣くほど嬉しいです。よろしくお願いします。

スポンサードリンク

新興宗教とネットワークビジネスって似てる

政治と宗教と野球の話はしない方がいいと言われますが、このブログでは、政治の話も野球の話もしてきました。これからもしていきます。

そして今日は宗教の話。当ブログは三大タブーを踏み続けます!

 

先日、とある新興宗教の勧誘を受けました。

事の顛末を話しますと、私はとあるバスツアーでとある女性と知り合い、連絡を交換しました。1回ほどご飯を食べに行き、まあもう良いかと思って一ヶ月、連絡を取っていなかったのですが、つい先日、お茶しようと連絡があったので、断る理由もないし、都合を合わせて行きました。

そしたら、どういうわけか、直前になって、お友達も一緒に良い?とLineに連絡があり、これまた断る理由がないのでOKしました。

まあこのパターン、私の経験上かなり怪しいのですが、危害を加えられることはないと思い行きました。場所は大宮。

初対面のその女性はいきなり私のことをズカズカ聞いてきます。

仕事は?

どこに住んでるの?

出身は?

などとベラベラ。

そして話の流れで経済の話になり(元々の知人女性は私が経済好きなのを知っていたので)、

「異次元の金融緩和ってどう思う?」

と聞かれ、私はここに書いたような経済観を持っているので、ここの内容に沿って自分の意見を言いました。

「異次元と言うけれど、私にとっては普通の金融政策だと思います」

と。(端的に言えば、私はリフレ派です。)

そしたら、

「先進国ではこういうのは禁止されてるんだよ?!」

 (禁止?何が禁止?日銀の直接国債引き受け?それは法律で可能ってなってるし。。)

「日本は先進国だよ?!禁止されてることをやってるんだよ?!」

 (そもそも先進国って定義は何だ。。どの条約なのか言って欲しい。)

「日本は1000兆円も借金あるんだよ。破綻しちゃうよ?!」

 (そういうけど、日本政府の資産は600兆円あるし、グロスで考えれば1000兆円かもしれないけど、ネットで考えればだいぶ少ない。それに、統合政府という考え方でみれば100兆円ぐらいという話もあるけど・・・)

と全く日本経済については、危機は煽るものの理解してないご様子。よくもそれで私に論陣を張ってきたものです。

その後、おもむろに「休日何してる?」の流れからもともと知り合いだった女性の方が「私、◯◯という宗教に入っていて念仏を唱えている」と言い出しました。

私は、まじか〜、だからこの前会った時に休日の過ごし方で言葉を濁してたのか〜。まさかそのまま◯の勧誘にならないよね?と思いながらいると隣の女の人が、顕正新聞という新聞をおもむろに取り出し、説明を始めました。

 

実は私、顕正会の勧誘は2回目で前回は2012年の10月頃で3年半ぶりです。前回の時は、原発がらみの話題から入って行きました。

顕正会についてはぐぐればいろんな情報が出てくるのでここでは深く書きませんが、私は基本的に無宗教なので、2時間ほどお話を聞いた後、断りましたが、中には強引な人もいるそうなのでご注意ください。

 

社会人になってから、新しく出会う人は新興宗教の人やネットワークビジネスをやっている人が多いです。

私はこの二つは基本的なスタイルは似ていると思っています。

まず一つ目に、それほど親しくないという程度の相手を勧誘すること。本当に仲の良い人から誘われたことはありません。表面上のおつきあいはしていてそろそろもっと深い関係(いやらしい意味ではなく)を築きたいなと思うぐらいの人が誘ってくることが多いです。

次に、二人目が出てくるということ。最初は1対1で飲みに行ったりお茶したりしていたのが、二人目が出てきます。新興宗教の場合、大抵はもともと知っている人よりも経験が深そうな人が出てきますし、ネットワークビジネスの場合は、アップラインの人が出てくることが多いです。いずれも、知人よりも信仰心が強かったり、成果を上げている人です。

そして、心に訴えかけてくることが多いです。不安や悩み、ありたい自分を聞いて、それを解決・実現するために宗教に入ろうよ、ネットワークビジネスやろうよと言ってきます。

ただ、新興宗教の方が、勧誘は下手です。理論的じゃない。富士山に向かって唱えれば癌が寛解するとかどんなオカルトなのでしょうか。非科学的で説得力ゼロです。それを理系の私に説くか・・・。

ネットワークビジネスも最終的には理論的じゃないので、胡散臭いのですが、最初は、どういう自分になりたい?とかビジネスのことは何も言わないことが多いので、わかりづらいことも多いです。金持ち父さん貧乏父さんを読んでみて!Eクワドラントにならない?!なりたい自分を100個書いてみて!とか、そんな感じで徐々にネットワークビジネスに入りやすい思考に近づけていきます。

ついでに、成功している人の素敵な生活を見せます。ある人は外車に乗って来て車の中で話を聞きました。もう一人は都心で一軒家を購入して平日は仕事をせずに趣味をしているという話をその人の家で聞きました。

成功者を見せることで、そうなりたいと思わせる作戦なのでしょう。

しかし、私にとってはそのいずれも惹かれなかったので、全く魅力を感じませんでした。

そもそも、お金儲けの話なわけです。お金儲けの話をゆめゆめ他人に話すわけがありません。本当に儲かる話ならば、自分一人で実行します。他人に言いません。

そういう根本的な考え方があるので、私は儲かる話にはのりません。

これはネットワークビジネスに限った話じゃなく、賃貸経営はサブリースが良いとかCMでもやってますが、結局業者が手数料収入を得たいだけです。その分利益率は下がります。下手したら赤字です。楽にお金を稼ぐ方法なんてなく、それなりに頭を使ったり、労働しなければいけないのは明らかです。

そんなわけで私は新興宗教もネットワークビジネスもやりませんが、社会人になると、学生の頃とは違い、損得なしに付き合うのが難しくなってきます。結果、会社以外のところで出会いを求めると、新興宗教やネットワークビジネスをやっている人に出会ってしまいます。

正直私は、誘ってくる人には常にどちらかの目的なのではないかと思っています。本当はそうじゃない場合ももちろんあります。しかし自己防御のためにもそういう目で見てしまう。勧誘は正直気分の良いものではないので、なるべくなら止めていただきたいです。

 

ちなみに、しばらく前に

japan-economy.hateblo.jp

↑のブログを書きました。文章自体は2012年の3月に書いたものをブログ化しました。4万字ほどで少し長めですが、こちらも宜しくお願いします。