読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある元SEの思考を探る

ひょんなことからとあるICT企業ではたらくことになったなんちゃって元SEがしたためるブログ。主に、政治・経済・社会問題・日常の出来事について発信していきます。お読みいただけたら、感動にむせび泣くほど嬉しいです。よろしくお願いします。

スポンサードリンク

そろそろ政府は保育園の問題を解決せよ

オピニオン 政治・社会

保育園の問題。
平塚市無認可保育所で男児が死亡する時間がニュースになっています(※1)。


政府はこの問題をちゃんと解決する意思があるのでしょうか?


保育士の年収は317万円ほど(※2)。これは明らかに低いです。


一方、求人倍率は全国平均で2.18倍、東京都は5.13倍(※3)で売り手市場。こういう歪んだ状況を打開するためには、なりたい人を増やすこと=保育士の待遇を改善することがいの一番にやるべきことだと思います。


政府は小学校教諭が(制限はあれ)認可保育所で働けるようにする(※4)とかなどの政策を出していますが、保育士は専門職。資格を持っていながらその職につかない人もいるので、保育士の制限を緩めるのではなく、保育士の給与をきちんと上げて、待遇改善をするのが先なのではと思います。保育料が公定価格で決まっていてその結果各々の園レベルでは給与が上げにくいので国が率先してやるべきです。


まずは、小学校教諭と同様に公務員にして地方公務員と同レベルの給与水準にしてはどうでしょうか。安保法案成立にかける意気込みでやればできないことではないはずです。