読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある元SEの思考を探る

ひょんなことからとあるICT企業ではたらくことになったなんちゃって元SEがしたためるブログ。主に、政治・経済・社会問題・日常の出来事について発信していきます。お読みいただけたら、感動にむせび泣くほど嬉しいです。よろしくお願いします。

スポンサードリンク

猛暑の中の草野球

本日は、月に何回かある草野球。

7番サードで先発出場。(10人しかいないので、DH含めると全員先発なんですがw)

 

朝6時半集合で、グランド整備の段階からもう暑い。

顔の周りからねっとりとした暑さがまとわりついて離れません。湿度もやばい。神奈川でしたが、名古屋の夏の様です。

 

結果、私のチームの今シーズン初勝利。しかもコールド勝ちでした。

私も、自分のチームでの初安打、初打点をマーク。暑かったですが勝てて良かったです。

 

グラウンドは真夏の太陽が照りつけます。4回終わった段階で、日頃は運動していない私たちはばてばて。仕事もオフィスでパソコンと向かう仕事しかしていない私たちにとって、これはきついです。

 

5回の裏、私のチームの攻撃。点差は6点。5回7点コールドなので、あと1点とれば試合終了です。

ノーアウトからランナーが出るも2者凡退して2アウト3塁。バッターは4番。

1ボール2ストライク。追い込まれる。

1球ファールで粘って投じた5球目。低めの球。

 

片手で救い上げたボールは、セカンドの頭をぽてんとおちるヒット!

3塁ランナー生還。サヨナラ。

その瞬間、両ベンチから歓喜が。

「やった!この暑さから解放されるぞ!!」

ファーストを守っていた相手チームと、サヨナラヒットを打った4番が握手。

 

お互い暑いのは変わらんかったですな。。

 

 

ちなみに、この試合に間に合わせるように私はマイバットを購入していました。

やっぱり日頃から練習している自分に合ったバットを使うのがベストです。

購入したバットは、これ。

MIZUNO(ミズノ)ビヨンドマックスメガキングミドル(FRP製)(1CJBR109)(野球/ベースボール/軟式/BEYONDMAX/ミドルバランス/カーボン/一般用/2015年)

価格:32,378円
(2015/7/26 18:52時点)
感想(2件)

ミズノのバットです。

軟式は打球が飛ばないと言われていますが、それは、打撃時にボールが変形してしまうから。エネルギーが飛ぶことではなく、変形することに使われてしまうのですね。

その変形を極力抑えるために打撃部に柔らかめの素材をつかっているのがBEYOND MAXです。

私が軟式野球をやっていた頃には存在しなかったので、これを知った時は正直反則じゃないかと思いました。スピード社の水着ごとく。

一時期は大会でも禁止されたりもしたようですが、最近はOKとなっている大会も多いようです。

金属じゃないので、打撃時の音はカキーンという感じではありません。

にもかかわらず、打球が伸びてくるので外野手にとってはいやらしいバットと言えるでしょう。

 

同様に工夫したバットはゼットやSSKからも出ているようです。

 

最後にバット購入時の注意点を一つ。

バットを選ぶ際には、素材や長さといったこと以外に重心の位置を重視すると良いと思っています。

バットの重心の種類は主に3つ。

 

バットの先端に重心があるトップバランス。

バットの真ん中あたりに重心があるミドルバランス。

バットのグリップ側に重心があるカウンターバランス。

 

この3つです。

私はあまりパワーがないので、トップバランスだと、バットにふりまけてしまいます。バットのヘッドが下がったりしてポップフライになったりすることが多いので、今回は、ミドルバランスのものを購入しました。

トップバランスですと、スイング時にバットの先端がなかなか出てこない感じがしますが、ミドルバランスはスッと出てくる感じです。(私の場合)

普段バリバリ練習している人ならトップでも力負けせず良いかもしれませんが、私のように草野球でちょっとやるくらいの人はミドルバランスあたりがちょうどいいのではないでしょうか。

カウンターバランスは、あまり見たことがありません。買いに行ったお店にもカウンターバランスはほとんどおいてありませんでした。

 

というわけで、連日猛暑が続いています。体調にはくれぐれもお気を付け下さい。

 

本日も、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。