とある元SEの思考を探る

ひょんなことからとあるICT企業ではたらくことになったなんちゃって元SEがしたためるブログ。主に、政治・経済・社会問題・日常の出来事について発信していきます。お読みいただけたら、感動にむせび泣くほど嬉しいです。よろしくお願いします。


業務委託の人に潰されてしまったその後

前回の記事で業務委託の人に潰されてしまった話を書きました。あれから1ヶ月以上たち、現在の状況をお伝えしたいと思います。

 

体調自体は、7月中頃に心療内科の先生から休暇が必要だと診断されてから、徐々によくなり始め、8月の中旬ごろには復帰できそうなところまできました。ただ、オフィスには元凶となった業務委託の方がいるので、上司が気を利かせてくれて8月いっぱいはリモートで働いていました。

 

おかげさまで、これまで関わったプロダクトの中でテストが不十分だったり、ライブラリのアップデートが追いついていなかったりといった課題を把握していたので、自ら提案し、すでに勝手知ったるプロダクトですし、今後のバージョンアップを継続していくためにもテストコードは必要、かつ、プロダクションコードに手を入れないため、比較的容易にマージできるといった理由から、すんなりと受け入れられ、8月はひたすらテストを書いていました。主にfeature specという、ブラウザの挙動を模擬したテストです。

 

ブラウザの挙動を模擬したテストは、ランダムに落ちやすく、その関係で何回かリトライを行ってOKであればOKとするようなライブラリを自作したり、feature specで使うドライバをchromeのヘッドレスモードに変更したりと、feature specまわりの知見が溜まってきました。

 

こうしたところ、普段だと目の前の業務に忙殺されてなかなか進めれないことでしたが、ちょうど良い機会になりました。

 

そうこうしているうちに8月も終わりが近づき、お世話になった他の業務委託の人(良い人!)のお別れランチのために、オフィスの近くまで行ったりしていました。そこで、ちょうどその日の午前中、潰された業務委託の方がリモートにしたいという話をマネージャーにされたようで、そんなことは認められないだの、事業部長に許可をとらなければいけないだの小競り合いがあり、最終的に事業部長判断でその人はリモートになりました。

 

聞いたところ、私の後任の人(社員)もその業務委託にやられたようで、その人は私と違ってきちんと声をあげれる人だったようで、それがきっかけとなって業務委託はリモート勤務を言いだしたようです。

 

彼は契約期間内はリモートで働いていますが、契約延長もないので、時期が来れば嵐はおさまると思います。

 

彼がリモートになったことで私も職場に復帰し、今はオフィスで仕事をしています。病み上がりということで、休職前の過度な労働はやらず、なるべく定時で上がるように仕事をしていますが、ベンチャー企業というところは常に人手不足で、にわかに忙しくなってきているのが若干気になります。

なんだかんだ言って、新しく入ってきてもプロダクトの理解に時間がかかりますし、特殊な業務知識も必要な業界ですので、経験のある人でも入ってきてすぐ即戦力という形にもっていけないところが苦しいところかなと思っています。

そういう意味で、ある程度長く在籍していてプロダクトも業務知識も把握している人が、通常の業務に加え、新しい人へのナレッジトランスファー的なタスクもこなしていかなければならないことが多いので、あとは時間が解決してくれると思いたいものの、業界が特殊すぎて嫌になる人も出てくる可能性もあり、予断は許されません。

業務委託の人に潰されてしまった

最近、一緒に働いている業務委託の人からきつい攻撃をされ、完全にまいってしまった。

彼がよく言うのは「この方法についてメリット・デメリットあると思うから考えて資料にして」とか、「僕がちょっと考えただけでこれだけ思いつくのだから(正社員であるあなたは業務に詳しいはずだろうから)他にもないか洗い出してみて」という一見して反論を言えないような言葉である。考えた上で口頭で伝えようとすると「資料にしろ」である。
そもそも、今回のスコープに関しては社員でも未経験の分野への挑戦である。スタートは社員であろうが、業務委託であろうがほぼ同じである。クライアントに最初に出向いたのも同じタイミングだ。その業務委託は要件定義から行うという条件のもと参加してもらっているとのことなので、そうした要件定義を丸投げするのは業務不履行に近い。彼が設計・実装以外でやったのは決まったことをメンバーにどのタイミングで誰にアサインするかと言う、いわゆるプロジェクト管理だけだ。

SIerであれば、お金と人的リソースにものを言わせて大量の資料を作ることもあると思うが、弊社では、資料は極力最小限にしたいという思いがある。社長も、資料を作るぐらいなら会話した方が良いと言っている。もちろん、資料にする上で頭の整理をつくこともあるが、会話をしていく中で整理されることもある。むしろ、一人で考えるより会話をして考えた方が解決への道は早いことの方が多い。会話の中で方向性が決まればそれについて設計資料としてまとめれば良いと思う。

そして、その業務委託者は私が資料を作るたびごとに命令に近いダメ出しをし、時には「バカかっ!」と罵倒してきた。業務委託の人が資料を作るわけじゃないから、ダメ出しを受けるのは一方的に私だけだ。仮に業務委託の人が資料を作ったとしても、私は罵倒することはしないし、はじめは認識の齟齬がないかの確認から入る。

そもそも社内で共有した資料のアウトプットの質は大抵は合意して作り始めるということはあまりないであろう。作った方としては60%ぐらいで大筋問題がないかみてもらって、問題がなさそうなら先へ進もうとしていても、その業務委託は常に100%を求めてきた。経験上、最初から100%を求めると何も前に進まない。多少アウトプットの質が低くても、社内であれば共有して指摘してもらったほうが、特に煮詰まった時には良い方法であると考えている。その段階の資料に関して強烈にダメ出しをし、口汚く罵るのはおよそ成熟した大人とは思えなかった。しかもそれが腹落ちできることであればいいのだけど、その業務委託は、基本的に自分の思うように進めたいようで、「つべこべ言わず、やれと言われたことはやれ」というスタンスだった。腹落ちできない状態でやる仕事でいいアウトプットが出るはずがない。

また、スプリントプランニングをやろうと言ったら「自分はみんなのタスクを把握してるからやる必要はない」と言い、朝会(デイリースクラム)をやりませんかと言ったら、「面倒くさい」と言われた。この辺り、チームで仕事をする上では必須のイベントであると私は思っている。上意下達のピラミッド型の組織でメンバーが黙々と言われたことをこなすチームであれば良いのかもしれないが、少なくとも私が目指すところではないし、スクラムの考え方にもタスクが押し付けられるということはないはずだ。基本的にはチームの合意の上でタスクの割り振りが決められる。

その業務委託は、プロジェクト管理に関してもベロシティがどうだとか、わかったような話をするのだが、私は上記のようなことを言われていたので、その人がアジャイルの話をしたり、スクラムの話をしたりすると、単に自分に都合の良いことだけ言っているとしか思えなかった。

 

クライアントへの提案にはその業務委託も含め、4人ほどで行っていたのだが、先方の夢も大きく、私たちが経験のない分野までの提案をさせてもらうことになった。それに向けて、いろいろ業務について調べたり、業務フローを作っていたりしたのだが、社内で誰もまともにレビューできる人はいない状態だった。結局その機能に関しては別のベンダーに発注することがきまり、私たちは失注したのだが(当初の想定通り+αぐらいのスコープに落ち着きそうだ)、それを知ったその業務委託の人が言った言葉が衝撃的だった。「あなたがきちんと提案できなかったからダメだった」と。正直、同じ打ち合わせに出て、自分も提案できる立場にあったにも関わらず、自分は業務委託だからと業界固有の業務について学ぼうとせず、私が作った資料には重箱の隅をつついたようなダメ出しをして勝ち誇ったかのような態度をとっただけのあなたに言われる筋合いはなかった。一般的な指摘は誰でもできる。大事なのは今回のこの相対する問題への対応なのである。

そうした状況が2、3ヶ月ほど続いた。私は最終的に何を言われても何も感じなくなった。そう言う状態でも彼は相手を見て対応を変えるということはせず、自分の言いたいことだけを言い続けた。私は思考停止に陥ってしまった。
会社に行った途端、何も頭が働かなくなった。過去の知識をもとにした業務はかろうじて可能であったが、頭の使う業務はからっきしできなくなってしまった。

その業務委託を採用したマネージャーや事業部長にも相談し、一度は注意してもらったのだが、また半月も立たないうちに同様の状況になったのでこれはもうダメだと思い、朝起きても体がスムーズに動かないし、頑張って朝食をとって玄関に向かおうとしても、立ってすぐ倒れこんでしまった。
なんとか携帯を取り出し(こう言う点、6畳の小さな部屋だとすぐ手に届くところに色々あるので便利だ)、slackで病院に行く旨を伝えた。

 

地元の病院に行き、心療内科の先生と30分ほど会話をした。こうした状況から抜け出すにはいくつかの方法があるらしいが、「原因を取り除く」「考え方を変える」「薬を使う」とあと一つ何かあった気がしたけどちょっと思い出せない。
一番即効性のあるのは「原因を取り除く」らしい。確かにそうであろう。例えば結婚していて夫がどうしても許せなくて、だけど子供もいるし離婚もできない・・・みたいな人は「考え方を変える」治療をするのだという。

私の場合、原因がその業務委託の人であるとわかっていたので、仕事をどうするかと言う話になった。最初、初診でもあるので、心療内科に行ったことを上司に話してみて、それで配置換えをしてもらうとかそういう方向で進めようとしていた。私も最初だからそうしようと思っていたのだが、会話をしていくうちに私がついさっき聞いたばかりのことを再度聞いたということもあったであろう。思考抑止があると判断され、診断書を書いてもらうことになった。
確かに全く頭は回っていない上、前述のように、同じことをくどくど言われ続けたので、防衛反応で右から来たものを左で受け流す状態になっていたのであろう。

こうして私は潰れてしまった。その人が話すには、過去にもなんども若手を潰して来たと言っていたから、もしかして今フリーランスでやっているのは、そうした経験から正社員として長く務めるのはできないのかもしれない。

それにしても、業務委託の人が社員に対してパワハラというのはどう捉えればいいのだろうか。上司が部下に対してパワハラというのはよく聞くが上下の関係はない。

去年からエンジニアの業務委託の人に良いイメージはない。(デザイナには良い印象の人もいるのだけど職種が違うからなのだろうか。)

人はこうして保守的になっていく〜食中毒の実体験から学ぶ〜

先月、年齢が大台を突破したのですが、その翌日に食べたお肉により、食中毒をおこしてしまいました。

前回の記事でも書いたのですが、6月15日にメットライフドームにいくために代休をとっていました。その前日には会社の人たちと飲み会をしていて、そこで食べたものが悪かったようです。

基本的に嫌いなものはないので出されたものは食べる精神の私は普段通り出されたものを食べていました。確かに鳥のなま肉がありました。しかし、あまり深く考えず、パクパク食べていました。

 

食中毒というのは怖いもので、すぐには発症しません。潜伏期間というものがあります。私の場合、ちょうど3日後(72時間後)ぐらいに症状が現れました。食べたものと潜伏期間を考えるとカンピロバクターではないかと推測しています。

 

日曜日の午後から、下痢の症状が現れ、夜には体の節々に痛みを感じるようになりました。激しい悪寒も感じました。

発症したタイミングがちょうど日曜日だったので、私はサザエさん症候群なのではないかと思いました。当時、仕事でかなり精神的に参っていてその前にも頭痛で仕事を休んだ日もありました。うつ病の症状がひどくなると四肢関節が痛くなるということもあったので、そうなのではないかとも考えました。

これは休職も視野に入れるレベルに来たのかと思いました。私は、昨年まで副業で知人から少し仕事をもらっていたので、個人事業主登録をしていました。しかし、月数万程度で独立して食べていけるほどではありませんし、今年は土日は勉強に当てようと思って断っていました。個人事業主だと休職時に困るという話を聞いていたので、月曜日の朝、フラフラしながら廃業届けを書いてポストに投函しました。

体は重かったものの、月曜日はクライアントとの打ち合わせがある日です。出社しないわけにはいきません。普段の1.5倍ぐらいの時間をかけて駅まで向かいなんとか出社しました。

この段階ではまだ食中毒とは思っていませんでした。むしろストレスからくるものだと考えていました。

火曜日になっても症状は変わらず、寒気がしたりかと思えば汗をかいたりといった症状が続いていました。熱もありそうな様子です。

火曜日は仕事を17:30に切り上げ、普段通っている皮膚科に電話して皮膚科以外もみてもらえるかと聞きました。私が通っている皮膚科は皮膚科以外にも小児科もやっているので内科も見れると考えたのです。この最悪の体調のもと初めての病院に行くほど精神は強くありませんでした。レントゲンはないのでレントゲンの必要としないものであればということだったので、病院に行きました。

事務の人には状況を説明し、熱があると思ったので、受付するやいなや体温計を貸してもらって待合室で体温を測ったら、38.2°Cでした。これはしんどいはずです。精神的にストレスがかかると心因性発熱といって熱も出る可能性があるとのことなのでもう自分がなぜこんなつらい状況になっているのか理由を色々考えました。

先生は普段の診察と思って私の皮膚の状態を確認したのですが、一通り終わった後、今日は皮膚ではなく、体調が悪くてそちらをみてもらいたいと改めて説明して診察をしてもらいました。

先生からはウイルス性の夏風邪と言われました。私は念のためインフルエンザの検査をしてほしいとお願いし、インフルエンザの検査もしてもらいました。体の節々がいたくなったり38度を超える発熱だったので、大昔にかかったインフルエンザの症状に似ていたのです。また、インフルエンザにかかると職場にはいけなくなるので、その確認もとっておきたかったのです。

結果は陰性でした。インフルエンザではありませんでした。

 

夏風邪レベルでここまで熱が出るのかと思いましたが、その日はロキソプロフェンなどの薬を3種類ほどもらって帰って来ました。

すでにアレルギーで補中益気湯、越婢加朮湯、黄連解毒湯、アイピーディー、ビラノアを飲んでいたので、一時的に8種類の薬を飲むという状態でした。体は心身ともにボロボロです。

 

食中毒とわかったのはその日の夜、同僚も同様に体調が悪いと言っていた人が二人いたので、その人と連絡をとっていたときのことです。二人とも同じ時間に私と同じような症状を発症していました。そこで色々思いを巡らせてみると、木曜日に食べた生肉がよくなかったのではないかという結論に達しました。

ちょうど3人とも同じテーブルに座っていたのです。違うテーブルに座っていた人や同じテーブルでも生肉に手をつけなかった人は症状が現れていませんでした。

食中毒、これしかない。

 

ようやく原因がわかりました。原因がわかったことで体調不良の原因を他者に説明できるようになり、ある種の笑い話にもなったので、安心したのですが、原因がわかったら治るというわけはなく、症状自体は1週間ぐらい続きました。

カンピロバクター にかかると、酷い場合は、ギランバレー症候群にも発展するらしく、さすがにそこまでにはなっていないのですが、私の場合も発症前に比べて体をスムーズに動かせない状態になりました。定期的にランニングをしているのですが、回復してから走ってみると、以前に比べスタミナが減った感じがします。(単純に食べる量が減ったのでその影響かもしれません)

 

今まで、出されたものは食べる精神でいたのですが、これを機会にきちんと精査して食べるものを選ばなければならないと思うようになりました。

長年生きてくとこうした怪我や病気というのは多く経験していくものです。

これはすなわち、新しいものに対しての警戒心が強くなるということです。歳をとると頑固になって新しいものを受け入れられなくなると言いますが、こうした過去の経験が積み重なって保守的になって行くのだと思いました。

しかし、このご時世、新しいものはどんどん出て来ます。新しいものを取り入れないと時代に取り残され、時には死に関わることもあります。過去の経験も踏まえつつも、過度に保守的になりすぎないようにしなければいけないと思いました。