とある元SEの思考を探る

ひょんなことからとあるICT企業ではたらくことになったなんちゃって元SEがしたためるブログ。主に、政治・経済・社会問題・日常の出来事について発信していきます。お読みいただけたら、感動にむせび泣くほど嬉しいです。よろしくお願いします。

スポンサードリンク

神奈川8区の動向

衆議院議員の福田元内閣府副大臣自民党を離党し、希望の党から出馬する意向が明らかになりました。

福田氏の地元は神奈川8区です。私はなぜ東京都が地盤でない福田氏がわざわざ離党してまで希望の党から出馬する必要があるのか、大変不思議に思っていました。

しかし、いろいろ調べて見ると自民党特有の理由が浮かび上がってきました。

 

これは昨年の記事です。

www.sankei.com

記事では、小選挙区で落選し、比例で復活した議員に対し、2回以上比例復活が続けば重複立候補が禁止される制度を検討しているとのこと。現在の自民党の制度はわかりませんが、もしこれが自民党内で制度化されたとすれば、福田氏はすでに3回比例復活で当選していることになるので、重複立候補ができないことになります。

神奈川8区といえば、ここ4回は江田憲司氏が当選している選挙区でなかなか江田氏の牙城を崩すのは厳しい選挙区であると言えます。重複立候補が禁止されれば、落選の確率が高くなるわけですから、それならば、離党して希望の党から立候補した方が先が見えるというものです。副大臣まで経験した方なら人手不足の希望の党としては喉から手が出るほど欲しい人材でしょう。

こうした自民党特有の背景が福田氏という多くの人にとっては「誰?」というような議員が希望の党に参画した大きな理由だと思います。

 

さて、話はここで終わりません。福田氏がいなくなった自民党は神奈川8区に誰を擁立させるのかというのが次の話題になります。今日のニュースではなんと、三谷英弘氏が神奈川8区に内定したという報道がありました。

知っている人は知っていると思いますが、三谷氏は元みんなの党衆議院議員。つまり、江田氏とは同じ釜の飯を食べた仲間であるというわけです。その三谷氏ですが、当選した時の選挙区は東京5区。目黒区と世田谷区の南東部を含む都市部の選挙区です。前回の選挙に落選しても政治活動はやめておらず、地元にはポスターがたくさん貼ってあります。

そうした地元を捨てて自民党という大政党に秋風を送られてひょいひょいと乗っかるのはあまりにも節操がないと言えますが、元みんなの党の浅尾氏も自民党の会派に所属しているわけですから、元みんなの党で渡辺派の人たちはそういう人たちなのでしょう。(中西健治氏なども自民党入りしている)

 

かくして、神奈川8区は江田憲司氏に対して元同僚の三谷氏が挑む形になってしまいました。

正直、江田氏は民主党政権時代、あれだけ民主党を批判していたのにも関わらず民主党と合流した民進党にいるのは不思議ですし、その江田氏と共に選挙を戦ってきた三谷氏と江田氏が相まみえるのはもっと不思議です。

政治家にとって政策なんてのは二の次で、自身がいかに良い立場にいるかというのを身にしみた神奈川8区の動向でした。

 

2017年9月解散の意義

9月28日に衆議院が解散されるようです。

 

この解散、世論調査を見ると否定的な意見が多いように思えます。

www.nikkei.com

 

しかし私はあえてこのタイミングでの解散は十分に理解ができるものだと思います。その理由の一つは、北朝鮮情勢。

中には、北朝鮮情勢が緊迫しているなかでの解散総選挙はいかがなものかという人がいるかと思います。

私は逆に北朝鮮情勢が緊迫しつつあるからこそ、このタイミングで政権としての地固めを行わなければいけないと考えています。

衆議院は常在戦場。3年目に入ると、衆議院議員にとってはいつ選挙があるか分からない状態が続きます。次の選挙のために地元活動もしなければいけない。かといって国会活動をおろそかにすることもできない。そのような状態で腰を据えて外交問題に対応できるのでしょうか。

外交問題は、与野党で大きくスタンスが別れていい問題ではありません。なぜなら、国と国との関係があるからです。政権が変わったからと言って北朝鮮に融和的になったり制裁を強めたりしていては、国としての一貫性をもった対応ができず、他国から日本は信用ならない国だと思われるでしょう。

だからこそ、政権が盤石な状態で外交を行うというのはとても理にかなった選択だと思います。安倍総理が「国難突破解散」というのもすんなり入ってきます。

ここでいう国難というのは、経済などの国内の状況ではなく、北朝鮮を含めた外交であると考えられます。消費税の使い道などの争点もありますが、大きな争点は、北朝鮮への対応についてどうしていくか。安倍路線がいいのか、民進党共産党などの野党に任せるのか。こうしたことが国民に問われる選挙であると言えるでしょう。

 

外交政策という観点で言えば、自民党の右に出る政党はないでしょう。はっきり言って今回の選挙、自民党が政権を担う以外に選択肢はありません。そして、しばらくは安倍総理が腰を据えて舵取りを行う。こういう緊急事態に対して内政が混乱していてはいけません。

ですから、ポイントとなってくるのは、どこまで自・公に議席をとらせるかということです。大勝をさせて野党の指摘を無視するようになってしまうのか、ある程度野党の睨みを効かせられるのか。

ここが今回の衆議院選挙の意義となると思います。

新電力の雄 基本料金0円のLooopでんき

電気料金紹介シリーズの第4弾、今回は、新電力の中でも革新的な事業者であるLooopでんきについて紹介します。

Looopでんきはもともと東日本大震災をきっかけに活動を開始した会社で、当初は、被災地への太陽光パネルの設置から事業を始めた会社です。

事業のメインは太陽光発電システムの開発・販売やメンテナンスであり、太陽光発電所なども自社で持っています。近年は地熱や風力、バイオマスなどの様々な再生可能エネルギーによる電源開発も手がけている日本でも指折りの環境に配慮した小売事業者といえます。

公表されている電源構成においてもFIT電気が23.6%、水力が2.4%と再生可能エネルギーが26%をしめています。ほとんどの小売事業者がそうであるように自社の電源だけでは供給を賄えないので、74%ほどは電力卸売市場から電気を購入していますが、再生可能エネルギーで26%というのは比率として高い部類であるといえるでしょう。

 

Looopでんきの販売件数は順調に右肩に推移しており(2017年現在)、信頼できる小売事業者であるといえます。

 

Looopでんきの最大の特徴は、基本料金が0円であるということ。

多くの電気料金の仕組みとしては、ベースとなる基本料金があり、その上に、使用量(kWh)に応じて電気代がかかる従量料金がかかる構造となっています。電気を切り替えていない多くのみなさんが加入している東京電力の従量電灯Bではそのような仕組みになっており、これまで紹介したまちエネやエルピオでんきもそのような料金体系をとっています。

基本料金があるので電気をほとんど使わなくてもお金をはらわなければいけないわけですね。(まったく使わない月は基本料金が半額になるというケースもあります)

 

しかし、Looopでんきのおうちプラン、ビジネスプランは基本料金が0円で従量料金のみとなっています。つまり、全く使わなけれ0円となるわけです。

これは、これまでの電気料金プランからみれば革新的な料金体系といます。

これまでの多くは、使えば使うほど、料金価格が高くなります。例えば、東京電力の従量電灯Bでは最初の120kWhまで19円52銭、300kWh以上では、30円02銭となり、1kWhあたり10円以上も高くなっています。

それがLooop電気では、東電エリアでは26円ポッキリ。どれだけ使っても26円なので、値段が上がらないのは、これまでにない革新的な料金と言えるわけです。

 

あらためて、Looopでんきの料金をみてみましょう。基本料金は0円、従量料金は次の表のようになります。(2017年8月現在)

従量料金(1契約あたり)
  おうちプラン ビジネスプラン
北海道エリア 29円00銭 31円00銭
東北エリア 26円00銭 27円00銭
東京エリア 26円00銭 27円00銭
中部エリア 26円00銭 27円00銭
北陸エリア 21円00銭 22円00銭
関西エリア 22円00銭 23円00銭
中国エリア 24円00銭 25円00銭
四国エリア 24円00銭 25円00銭
九州エリア 23円00銭 24円00銭

新電力の中には一部のエリアしか提供していない事業者も多い中、新電力の雄であるだけあって、沖縄電力を除く9電力エリアすべてに電気を供給しているのは、電力事業に対する本気度が伺えます。北陸電力エリアや四国電力エリアは需要家の数も少なく多くの新電力が後回しにしている中、Looopでんきは電気の小売をしているわけです。

 

基本料金が0円ということは何を意味しているかということを改めて考えてみます。

0円で従量料金ということは、使った分だけ支払うというわけですが、これが大きく聞いてくるのはマンションなどを管理している方です。

マンションやアパートは入居者がいない時期が出てきてしまいます。これは避けられないことですが、入居していない時期でも電気は通電している必要があります。クリーニングや、内見時には電気が通っている必要があるからです。

そういう時期の電気料金を払うのはやはりオーナーさんになることが多いと思うのですが、この電気代も基本料金(東電の従量電灯B・40Aで1,123円20銭)を考えれば見過ごせる金額ではなくなってきます。

Looopでんきのなかには、こうしたコストを削減するために加入する方も多くいらっしゃるかと思います。

こうした観点からも、Looopでんきの料金体系は革新的と言えるのです。

 

Looopでんきへのお申し込みも価格コムやエネチェンジから申し込みができます。近年はこうした比較サイトから申し込むと独自の特典がもらえるので、事業者に直接申し込むよりはさらにお得になることが多いようです。エネチェンジでも、キャンペーンコードに「ene20」を入力すると、500円分のAmazonギフト券をもらえるようなので、環境配慮型の電気をお得に使いたい方はぜひお申し込みください!

enechange.jp

f:id:smartenergy:20170819120442p:plain