とある元SEの思考を探る

ひょんなことからとあるICT企業ではたらくことになったなんちゃって元SEがしたためるブログ。主に、政治・経済・社会問題・日常の出来事について発信していきます。お読みいただけたら、感動にむせび泣くほど嬉しいです。よろしくお願いします。

スポンサードリンク

大企業から転職してどうだったか。

このブログを始めて3年半ほど経って、始めてコメントをいただきました。

smartenergy.hateblo.jp

SIer業界に行ってしまいかけている学生」ということなので、おそらく、就職活動をしてSIerから内定をもらった方だと思われます。
SIerから転職して「よかったこと悪かったこと」を教えて欲しいということだそうで、冒頭の記事でも「新しい会社はどうか」のところで、よかったことや辛いことを書いてあるのですが、あれから2年以上経った今どうなっているのかということをおそらく聞きたいのだと思います。

その辺りも含め、新卒で入社した会社から転職してから今に至るまでを簡単に記述したいと思いますが、まずは、コメントいただいた点から、コメントさせていただきます。

自分は業界的な意味でなぜさんざん行きたくないと思っていたSierに行くことになってしまったというか行くことを決めたのかと後悔しているタイプです。

 まず、行きたくないと思っていながらなぜSIerを受けたのかなど、そういう根本的な疑問もあったりしますが、景気が上向いたとはいえ、就活生にとって内定がもらえればどこでも良いということはままあることだと思います。背に腹はかえられないこともあると思うので、そのあたりは突っ込みません。
行くということになってしまったのだから、後悔しても仕方がありません。まずは、その会社で学べることは高速で全て学ぶという姿勢でいれば良いと思います。それなりに歴史のある会社でしょうから、同期もいるでしょうし、きちんと教育もしてくれるでしょう。いきなり中小企業(ベンチャー、スタートアップ含む)に入って社会人経験を積むより、よっぽどしっかりとしたビジネスマナーを学べると思います。
新卒1年目に入る会社がその人の格を作るとよく言われます。SIerに入って、SIerのいいところも悪いところもわかった上で転職をするというストーリーは、社会から見て理解しやすいですので、決してマイナスにはなりません。

なお、私がSIerに入ったのは、ある意味でSIerの問題を肌で感じるためでした。SIerや大企業の課題を感じ、社会を変えていこうと思って、SIerに入社したわけです。お別れ会で部長にこんなに早く辞めてもったいなくないのかと言われ、私は「辞めるために入社したのです」と答えました。そういうと部長は、「会社がどれだけの採用コストや教育コストをお前にかけていると思っているんだ」と言いましたが、私は「Fという大企業なのだから、そうしたコストをかけて若手を教育して社会に解き放つというのも、大企業の社会的意義だと思います」と言ったら、腑に落ちないような表情をしたものの、少し納得してくれたようでした。

 そこで質問なのですが、実際に安定した大企業を退職してどうでしたか、というのをもしよければ教えていただけないでしょうか。

まず、大企業だからと言って安定しているということはありません。私が社会人になってからも東芝粉飾決算があり、SHARPが鴻海(ホンハイ)に買収されたりと大企業でも一寸先は闇となっているのが現代です。SHARPなんて、私が学生の頃は、私の学部の先輩が社長になっていて、優良企業の一つとして見られていたのですから、本当にわからないものです。
むしろ、SIerにいて、この先この会社は大丈夫なのかと思うようなことが多々あります。例えば、SIerの一角を担う富士通ですが、半導体事業を本体から切り離し、今はパソコンや携帯端末事業も売却の方向だというぐらいです。あと残ったのはSI事業だけですが、ここも地方公共団体や官公庁に支えられ、民だけでは成り立たないのが実情です。いずれ、SI事業も生き残れなくなる日が来ることは明々白々です。それがいつ来るのかはわかりませんが、40歳を超えてから訪れたとしたら恐怖です。長年一つの企業にいると社内でしか通用しないスキルが蓄積され、それだけで仕事をするということはよくあることです。そうなった時に、他に行く先が見つかるのか。不安で仕方がありません。
「安定」という意味では、転職した方が精神的な安定はむしろ高まっていると言って過言ではないでしょう。

転職しようと思うのですが、基本マイナス方向の転職というのはどんどん待遇が悪くなるだけじゃないのかな、と危惧してもいます。 

なにをもって「マイナスの方向の転職」とみなすのでしょうか?企業規模でしょうか?年収でしょうか?
企業規模で考えれば、私は、どの会社でも、最初は数人で始めたのだから、今その両者を比較しても意味がないと思っています。その小さな会社に自分が入って、大きくしていけばいいのです。ただし、事業内容によって適切な規模というのがあるのでしょうから、注意が必要です。
年収ですと、確かに年収が下がるのは嫌かもしれません。経験がある業界への転職であれば、過去の経験を生かして年収増を狙った転職も可能でしょう。私の場合は、コードを書かないSEからプログラマー、エンジニアへの転職でしたから、最初は年収も下がりました。同じ年齢の同期などと比較したら、かなり少なかったと思います。ただ、未経験だから仕方がない、むしろ、お金をもらって勉強させてもらっているというぐらいに思うのがいいでしょう。ただし、最初は少なかった年収も、成果を出していけば、それなりにはもらえるようになります。ちなみに、転職した当初は年収で300万円台前半。生活はできるけれども贅沢はできない程度の年収です。それが、入社4ヶ月後の査定で月額1万あがり、入社1年後の査定でさらに4万強あがったので、1年間で年収は60万円ほど上がりました。その時はようやく人並みの暮らしができると思ったものです。そして、実はさらにその後もう一度転職をし、給与も上がり、ようやく少しは贅沢してもいいかなと思えるようになりました。

もしよければ転職してよかったことと悪かったことを教えていただけないかな、と思いコメントを書かせていただきました。 

まず、悪かったことは基本的にはないと思います。転職した直後は仕事も全然できないし、大学の同期と比較しても給料はかなり安いし、それがかなりストレスでした。2社目は東洋経済の給与のワーストランキングにも載ってしまうぐらい給与が安い会社で、中には、それがきっかけで病む人もいたぐらいです。ただ、そこはもうキャリアチェンジで勉強をする場と思って割り切って、ある程度その会社で学べることは概ね学んだかなと思ったらキャリアアップを目指して次の会社に行くのがいいと思います。そういう意味でも、前の会社には感謝していますし、今も少しではありますが、お付き合いがあります。
良かったことは、視野が広くなったということです。ベンチャー企業で働くということは、プログラミングやシステム構築だけでなく、売上も含めてコミットするということです。売上が伸びない時にどうしたら良いのかというのを営業やディレクター、経営陣と議論するのはSIerではできなかったことです。経営者目線で物事を考える必要に迫られるのも、ベンチャー企業の良いところでしょう。
エンジニアの勉強会なども積極的に参加・開催しており、社内外の人たちと関われるのも役に立ちます。

少し長くなってしまったので、今回は質問に答えるところまでで筆を置きたいと思います。もう少し2回転職をして自分のキャリアについてどう考えているのか、と言ったあたりも書きたいと思いましたが、長くなるのでまた次回にしたいと思います。

普段ブログを書く時は、書きたいという思いが高まって、勢いで書くことが多いのですが、今回は質問に答えるという形で書くことになりました。5日ほど前にコメントをいただいて、通勤中とかにどう答えようかなといろいろと考えてみたもののまとまらず、とりあえず書き始めてみたのですが、やはり勢いで書く時よりは、なかなか筆が進みにくいです。(実際にはタイピングですが。)ライティングを本業にしている方々は、いろんな要望に応えてかけてしまうのですから、すごいですね。。

神奈川8区の動向

衆議院議員の福田元内閣府副大臣自民党を離党し、希望の党から出馬する意向が明らかになりました。

福田氏の地元は神奈川8区です。私はなぜ東京都が地盤でない福田氏がわざわざ離党してまで希望の党から出馬する必要があるのか、大変不思議に思っていました。

しかし、いろいろ調べて見ると自民党特有の理由が浮かび上がってきました。

 

これは昨年の記事です。

www.sankei.com

記事では、小選挙区で落選し、比例で復活した議員に対し、2回以上比例復活が続けば重複立候補が禁止される制度を検討しているとのこと。現在の自民党の制度はわかりませんが、もしこれが自民党内で制度化されたとすれば、福田氏はすでに3回比例復活で当選していることになるので、重複立候補ができないことになります。

神奈川8区といえば、ここ4回は江田憲司氏が当選している選挙区でなかなか江田氏の牙城を崩すのは厳しい選挙区であると言えます。重複立候補が禁止されれば、落選の確率が高くなるわけですから、それならば、離党して希望の党から立候補した方が先が見えるというものです。副大臣まで経験した方なら人手不足の希望の党としては喉から手が出るほど欲しい人材でしょう。

こうした自民党特有の背景が福田氏という多くの人にとっては「誰?」というような議員が希望の党に参画した大きな理由だと思います。

 

さて、話はここで終わりません。福田氏がいなくなった自民党は神奈川8区に誰を擁立させるのかというのが次の話題になります。今日のニュースではなんと、三谷英弘氏が神奈川8区に内定したという報道がありました。

知っている人は知っていると思いますが、三谷氏は元みんなの党衆議院議員。つまり、江田氏とは同じ釜の飯を食べた仲間であるというわけです。その三谷氏ですが、当選した時の選挙区は東京5区。目黒区と世田谷区の南東部を含む都市部の選挙区です。前回の選挙に落選しても政治活動はやめておらず、地元にはポスターがたくさん貼ってあります。

そうした地元を捨てて自民党という大政党に秋風を送られてひょいひょいと乗っかるのはあまりにも節操がないと言えますが、元みんなの党の浅尾氏も自民党の会派に所属しているわけですから、元みんなの党で渡辺派の人たちはそういう人たちなのでしょう。(中西健治氏なども自民党入りしている)

 

かくして、神奈川8区は江田憲司氏に対して元同僚の三谷氏が挑む形になってしまいました。

正直、江田氏は民主党政権時代、あれだけ民主党を批判していたのにも関わらず民主党と合流した民進党にいるのは不思議ですし、その江田氏と共に選挙を戦ってきた三谷氏と江田氏が相まみえるのはもっと不思議です。

政治家にとって政策なんてのは二の次で、自身がいかに良い立場にいるかというのを身にしみた神奈川8区の動向でした。

 

2017年9月解散の意義

9月28日に衆議院が解散されるようです。

 

この解散、世論調査を見ると否定的な意見が多いように思えます。

www.nikkei.com

 

しかし私はあえてこのタイミングでの解散は十分に理解ができるものだと思います。その理由の一つは、北朝鮮情勢。

中には、北朝鮮情勢が緊迫しているなかでの解散総選挙はいかがなものかという人がいるかと思います。

私は逆に北朝鮮情勢が緊迫しつつあるからこそ、このタイミングで政権としての地固めを行わなければいけないと考えています。

衆議院は常在戦場。3年目に入ると、衆議院議員にとってはいつ選挙があるか分からない状態が続きます。次の選挙のために地元活動もしなければいけない。かといって国会活動をおろそかにすることもできない。そのような状態で腰を据えて外交問題に対応できるのでしょうか。

外交問題は、与野党で大きくスタンスが別れていい問題ではありません。なぜなら、国と国との関係があるからです。政権が変わったからと言って北朝鮮に融和的になったり制裁を強めたりしていては、国としての一貫性をもった対応ができず、他国から日本は信用ならない国だと思われるでしょう。

だからこそ、政権が盤石な状態で外交を行うというのはとても理にかなった選択だと思います。安倍総理が「国難突破解散」というのもすんなり入ってきます。

ここでいう国難というのは、経済などの国内の状況ではなく、北朝鮮を含めた外交であると考えられます。消費税の使い道などの争点もありますが、大きな争点は、北朝鮮への対応についてどうしていくか。安倍路線がいいのか、民進党共産党などの野党に任せるのか。こうしたことが国民に問われる選挙であると言えるでしょう。

 

外交政策という観点で言えば、自民党の右に出る政党はないでしょう。はっきり言って今回の選挙、自民党が政権を担う以外に選択肢はありません。そして、しばらくは安倍総理が腰を据えて舵取りを行う。こういう緊急事態に対して内政が混乱していてはいけません。

ですから、ポイントとなってくるのは、どこまで自・公に議席をとらせるかということです。大勝をさせて野党の指摘を無視するようになってしまうのか、ある程度野党の睨みを効かせられるのか。

ここが今回の衆議院選挙の意義となると思います。